コリー犬に使用できない薬と理由 – ネクスガードは大丈夫?

ご存じない方も見えるかもしれませんが、コリー・シェルティを含む一部の犬種には使用出来ないお薬があります。

コリー犬種に使えない薬がある理由

なぜならば投薬すると最悪の場合命にかかわるケースや、重大な副作用をもたらしてしまのです。

老犬や病気のあるコリーだからではなく、若くて健康なコリーやシェルティでも使用出来ないお薬があります。

理由は、遺伝子のひとつであるMDR1がコリー犬種の場合、異常あるいは欠損している為と言われています。

MDR1とは、脳に危険な薬物・毒物が入りこまないように血管壁にあり、コントロールしている遺伝子の事を言います。

いわゆる、バリアーシステムですね。

バリアーシステムが働かない、もしくは欠如していると中毒を起こしやすくなります。
すると非常に、危険な状態になってしまうのです。

コリーはMDR1遺伝子が機能しない犬種

このMDR1遺伝子が機能しない犬種に、コリーが最も多く存在します。
もちろんコリーの中にも、MDR1遺伝子が正常な犬もいます。

MDR1遺伝子は遺伝子検査機関で調べることが出来ますので、コリーを飼われたらまず検査しておくことをオススメしたいと思います。

遺伝子検査をしていない場合には、獣医師と良く相談してお薬は慎重に選んでください。

経口薬だけでなく、滴下型のスポットタイプのお薬でも危険な場合はあります。
コリーにお薬を使用される場合は、他の犬種を飼う場合よりも注意が必要です。

ネクスガードはコリー犬種も大丈夫

ネクスガードはノミ・マダニ駆除のお薬でチュアブルタイプの経口薬ですが、コリーにも使用出来ます。

動物病院でも、コリーにネクスガードを処方されています。

ネクスガードの主成分であるアフォキソラネルは、犬の為だけに開発されました。
犬以外には、使用出来ない成分です。

ネクスガードに使用されているアフォキソラネルは、コリーにとっても安心できる成分です。

コリーにネクスガード以外のノミ・マダニ駆除薬は大丈夫?

ネクスガード以外にも、ノミ・マダニ駆除薬は販売されています。
中には、ノミ・マダニ駆除と一緒に一錠でフィラリア予防も出来るお薬があります。
大変便利なお薬ですが、コリーやシェルティに使用されると副作用のおそれがあります。
使用される前には、獣医師に良く説明を求めましょう。

コリーだけに限らずどんな犬種の場合でも、安心できるお薬を投薬する場合でも動物病院の診察が受けられる時間に投薬することが望ましいと思います。
安心できるお薬でも、愛犬の体調次第で変化するからです。

いつも飲ませているから!ではなく、毎回安心出来るように投薬の時間を考えてあげましょう。

愛犬が急変し動物病院が診療外の時間ですと、苦しい思いをするのは愛犬です。