ネクスガードスペクトラとフロントラインの違いを解説!

ネクスガードスペクトラとフロントラインのどちらにも、ノミ・ダニ予防の効果があります。
昨今では愛犬を室内で飼われる方も、随分多くなったと思います。
中には愛犬と一緒に寝ているという方も、見えるのではないでしょうか?

ネクスガードスペクトラとフロントラインの必要性

犬も室内で暮らすようになり、寒い季節もノミやダニに快適な温度や湿度を与えてしまう結果となってしまいました。
ですから、ネクスガードスペクトラやフロントラインなどのノミ・ダニ予防駆除のお薬が年間を通して必要になったのです。

愛犬にノミやダニが居るのも困りますが、お部屋にノミやダニが居るのも困りますものね。
一か月に一度の投薬で、愛犬に快適な環境を作ってあげましょう。

ネクスガードスペクトラとフロントラインの違いは?

ネクスガードスペクトラとフロントラインどちらもノミ・ダニ予防に効果がありますが、
ネクスガードスペクトラはフィラリア予防にも内部寄生虫にも効果があります。

それぞれのお薬を別々に飲ませることにももちろんメリットはありますが、ノミ・ダニ予防とフィラリア予防と内部寄生虫の予防駆除が一錠で一度に出来ると、飲ませ忘れの防止になりますし愛犬への負担も軽減されることでしょう。

別々のお薬を購入するより、一つにまとめることで価格も抑えられます。

ネクスガードスペクトラは飲み薬なのに対して、フロントラインは滴下型のお薬です。

皮膚を怪我している場合や病気を持っている場合、元々皮膚が弱い場合は飲み薬タイプのネクスガードスペクトラがオススメですし、飲み薬を嫌がってしまう場合は、滴下型のフロントラインが愛犬にも飼い主さんにも負担が少ないと思います。

ネクスガードスペクトラは効果が早い!

飲み薬と滴下型のお薬では、効果の出る時間にも違いがあります。
滴下型のフロントラインは、ノミの駆除に24時間かかります。

飲み薬タイプのネクスガードスペクトラは、ノミの駆除に8時間とフロントラインに比べると早く効果が表れます。
マダニ駆除にかかる時間は共に、48時間かかると言われています。

ノミ予防だけを考えるのであればどちらを選んでも問題ないですが、ノミ駆除を早く行いたい場合は飲み薬型のネクスガードスペクトラの方が即効性はあると覚えておいてください。

ネクスガードスペクトラもフロントラインも、どちらも動物病院で販売されている安心できるお薬です。
飼い主さんが使いやすいお薬を、愛犬に合ったお薬を選んでご使用ください。
大事なことは、飲ませ忘れのないようにすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です